パジェロTOPパジェロ評価>パジェロ人気オプション

パジェロでみんなが選ぶ人気のオプションは?コレがおススメ!


※パジェロ:mitsubishi-motors.co.jp

 

「スーパーセレクト4WDⅡ」採用による優れた悪路走破性や、燃費・環境性能に優れたクリーンディーゼル車の設定などが魅力の本格派SUV、「三菱・パジェロ」で人気のオプションを評価します。

 

メーカーオプションは、インテリア関係や安全装備・快適装備、ナビ&オーディオが単独で用意されるほか、それらを組み合わせたセットオプションも用意されています。

 

また、ディーラーオプションはエクステリア&インテリア関係、ナビなど多彩なラインナップとなっています。

 


パジェロのおすすめメーカーオプションは?


エクステリアのおすすめメーカーオプションは?

 

〇電動ロングサンルーフ(チルト&スライド・セーフティ機構付)

 

パジェロにオプション設定される電動サンルーフは、セカンドシート天井部までカバーするロングタイプとなっています。

 

そのため、4~5人が乗車した場合でも全ての乗員がオープンエアモータリングの開放感に浸ることができます。

 

 

また、雨の日でも室内に自然光を採り込んで明るい雰囲気で満たすことができる、喫煙者が乗る場合などにチルト機構を使って換気ができるといったメリットもあります。

 

91,800円の出費となりますが、それに値する価値があると言えるでしょう。

 


〇VR-Ⅰ、GRならベーシックパッケージ

 

ベーシックグレードの「VR-Ⅰ」と「GRの場合」、ヘッドライトが明るさの面で物足りなさを否めないハロゲンタイプとなるほか、ヘッドライトの汚れをボタンひとつで洗い流せるヘッドライトウォッシャーや、霧の際などの視界確保に威力を発揮するフォグランプが付きません。

 

これらの装備は、外灯もあまりないような道路を走る機会が多くなるであろうパジェロには、必需品といえるものです。

 

そこでおススメしたいのが、ハロゲンヘッドライトよりも遥かに明るいディスチャージヘッドライトや、フロントハロゲンフォグランプ、ヘッドライトウォッシャーに加え、周囲の明るさに応じてヘッドライトを自動でオンオフするオートライトコントロール、イグニッションをオフにするとドアミラーが自動で格納されるリモコンドアミラーがセットになった「ベーシックパッケージ」です。

 

価格は114,480円とそれなりに高価で、その分上級グレードとの価格差が縮まってしまいますが、安全と快適が手に入るのですから奮発したいところです。

 

 

ただし、さらにルーフレールも付いてくるので、前述の電動ロングサンルーフの装着はできなくなりますが、優先順位からすればこのセットオプションを選ぶべきでしょう。

 


安全装備のおすすめメーカーオプションは?

 

〇SRSサイド&カーテンエアバッグ

 

 

側面衝突の際に前席の乗員の上半身を保護するSRSサイドエアバッグと、前後席の乗員の頭部を保護するSRSカーテンエアバッグは必須とも言える安全装備です。

 

しかし、パジェロの場合標準で付くのは最上級グレード「スーパー エクシード」のみで、それ以外は86,400円のオプション扱いになっています。

 

この出費で命が買えると思えば安いものですから、スーパーエクシード以外のグレードを購入する場合は、絶対付けるべきです。

 


その他のおすすめメーカーオプションは?

 

〇悪路を走行する機会が多いならリヤデフロック

 

 

パジェロは、標準仕様のままでも乗用車テイストのクロスオーバーSUVと比較すると悪路走破性の高いモデルですが、もし不整路や砂浜などを走行する機会が多い場合は、リヤデファレンシャルを固定することでトラクションを高めるオプション「リヤデフロック」を装着することをおススメします。

 

価格は64,800円しますが、スタックして困り果てることを考えれば安いものではないでしょうか?

 


ちょっと待った!そのメーカーオプションは必要ないかも・・


〇メーカーオプションのナビはメリットが薄い

 

 

ナビが標準装備されるのは「スーパー エクシード」のみになりますが、「エクシード」「VR-Ⅱ」の場合はメーカーオプションおよびディーラーオプションとして、「GR」「VR-Ⅰ」の場合はディーラーオプションとして用意されています。

 

しかし、メーカーオプションのメモリーナビゲーションは7インチWVGAディスプレイなので特別見易い訳ではなく、機能面でも通信機能を持っていないので社外品のナビと比べ際立ったメリットはありません。

 

価格はリヤビューカメラやステアリングオーディオリモコンスイッチなどが付いて189,000円(エクシード)~237,600円(VR-Ⅱ)なので、割高ではありませんが、敢えてこれを選ぶメリットは薄いと言えます。

 

一方、161,654円のディーラーオプションとして用意されるクラリオン製スーパーワイドナビゲーションは、画面サイズが7.7インチと若干大きくなるものの解像度は同じくWVGAで、機能面でもやはり通信機能は持っていません。

 

従って、ナビに関しては価格優先に徹して、カー用品店などで割安な社外品を探した方が良いでしょう。

 


パジェロのおすすめディーラーオプションは?


エクステリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇フロントバンパーガーニッシュ+フロントスキッドプレート+リヤスキッドプレート

 

 

フロントバンパーガーニッシュは、ABS樹脂の素材にクロームメッキを施した加飾パーツで、フロントマスクを引き締める効果があります。

 

また、フロント&リヤスキッドプレートは、岩などの障害物を乗り越えた際にボディ下部を保護するとともに、外観面でもSUVらしい雰囲気を強調してくれる効果があります。

 

3つ合わせると87,414円の出費となりますが、パジェロに似合うアイテムなので奮発したいところです。

 


〇ロングならスペアタイヤカバー(メッキ)、ショートならスペアタイヤケース(メッキ)

 

 

スペアタイヤを背負った後ろ姿はパジェロの魅力のひとつですが、そのルックスをさらに高めるアイテムとしてスペアタイヤカバーおよびスペアタイヤケースが用意されています。

 

ロングには2種類、ショートには4種類の選択肢がありますが、当サイトのおススメはロングならメッキ仕上げのスペアタイヤカバー(39,938円)、ショートならばメッキ仕上げのスペアタイヤケース(77,738円)です。

 

共に、それぞれのボディで選べる最も高価なアイテムになりますが、価格に見合った見栄えの良さが魅力です。

 

やはり、エクステリアを彩るパーツにはケチらずお金を掛けたいものです。

 


〇リヤアンダーミラー

 

 

バックウィンドウ上部のフレームに装着するミラーで、通常死角になるボディ直後を確認することが可能になります。

 

これがあればバックでの駐車も安心です。

 

ナビを付けない、ナビを付けてもバックは目視で行いたい方には必要な装備です。

 

価格も19,764円と手頃なので、おススメです。

 


インテリアのおすすめディーラーオプションは?

 

〇革巻シフトノブ

 

本革巻とアルミを組み合わせたシフトノブで、A/Tシフトノブ、トランスファーシフトノブ、サイドブレーキレバーグリップの3点が用意されています。

 

いずれも手に馴染むグリップ部の形状と、本革ならではのしっとりした手触りが魅力です。

 

価格は3点合わせて90,654円と少々高価ですが、インテリアの雰囲気も高まるのでそれだけの価値はあると言えるでしょう。

 

 

なお、本木削り出し+アルミ仕上げのウッドシフトノブも用意されていますが、手汗で滑りやすい欠点があるので、おすすめはやはり革巻の方です。

 


快適装備のおすすめディーラーオプションは?

 

〇ロングならリヤコーナーセンサー

 

 

車体の短いショートの場合、バックでの駐車も苦になりませんが、車体の長いロングは慣れないうちは気を使います。

 

そこでおススメなのが、リヤバンパーのコーナーに装着し、障害物を検知するとアラーム音で知らせてくれるリヤコーナーセンサーです。

 

価格は44,388円と少々張りますが、ぶつけてしまうリスクが減ると考えれば安いものではないでしょうか?

 

 

下取り車があるならパジェロの購入金額を下げられる!

 

パジェロを購入検討していて、もし下取り車があるなら、新車の値引きに加えて下取り車の価格をアップさせることで、パジェロの購入金額を下げる事が出来ます。

 

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

 

 

重要なのはディーラーに騙されない事!?

 

新車のパジェロを買うなら、下取り車があればディーラーで査定してもらうと思います。管理人も毎回そうです。

 

ここで注目して欲しいのは、ディーラーは下取り金額でウソを付いているかもしれないのです。

 

初めに低めの下取り金額を提示する事で、下取り車を安く仕入れられれば、自社の中古車部門で売ったり、業者オークションに出品する事で、新車販売以外での利益が多くなります。

 

その分、パジェロの値引きの原資になりますし、後々下取り金額をアップさせてお得感を強調し、新車の契約に持っていくセールステクニックにも使えます。

 

安く下取り車を仕入れる事で、ディーラーには大きなメリットが得られる訳ですね。

 

 

ディーラーの下取り金額をアップさせるには?

 

低く提示される事が多いディーラーの下取り金額ですが、簡単にアップさせることが出来ます。管理人の実体験で紹介しましょう。

 

以前フィットシャトルを買い替えた時に、購入元のディーラーで査定してもらいました。

 

初回の査定金額は76万円です。

 

ディーラーが下取り金額を低く提示してくる事は知っていたので、比較するために買取店にも査定してもらいました。

 

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取相場を教えてくれます。

 

 

査定

 

なんとディーラーよりも20万円も高い価格が表示されました。

 

次回ディーラーへ行った時に、「買取店では96万円って言われましたよ?」と伝えてみると、なんとディーラーでもあっさりと「契約していただけるなら」と言って同じ96万円に合わせてくれました!

 

査定サイトで表示された買取相場を伝えただけで簡単に20万円もアップしたので、やはりディーラーの下取り金額は信用ならないな、と思いましたね(^^;

 

 

ディーラーより高ければ買取店へ売却も

 

こうしてディーラーで下取り金額の20万円アップに成功しましたが、最後に査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいました。

 

その時の金額はこちらです。

 

 

 

買取店にディーラーの「96万円」を伝えたところ、「ディーラーも良い金額出しますね~。うちもディーラーよりは高い金額出せますけどね」と言って出たのが、108万円でした。

 

結局、ディーラーよりも12万円も高く買取店へ売る事が出来ました。

 

もし最初のディーラー下取り金額76万円で売っていたら、32万円も損する事になります。32万は大きいですよね。大画面ナビを入れてもおつりが来そうです。。

 

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

 

1分ほどの入力で申し込んだ後、画面上に自分の車の買取相場が表示されます。

 

今回のようにディーラーの下取り金額と比較したい方、早く自分の車の相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップする!?

 

最後にカープライスの買取オークションを利用する事で、下取り車がさらに高値で売れるかもしれません。

 

一回だけカープライスの査定を受ければ、個人情報が伝わる事なく900社以上の買取店や中古車販売店から入札を受けられます。

 

カープライスの担当者と最低落札価格を決めるのですが、これまでのディーラーや買取店で出ている最高額を設定しましょう。

 

900社以上もの買取店が入札するので、さらに高値での落札が期待できます。

 

落札に至らなくても、カープライスの担当者が入札した業者と金額アップの交渉をしてくれます。

 

店舗での査定か自宅まで来てくれる出張査定を1度受けるだけで、あとはカープライスにお任せなので、非常に楽です。

 

ここまで出来れば、あなたの下取り車は相場のほぼ限界値で売れる事になるので、お得感はかなり強くなります。

 

(査定や出品は無料ですが、成約時のみ1万円の手数料が買取金額から引かれます。なので最低落札価格を設定する時は1万円をプラスして設定しましょう)

 

>>カープライスの査定申し込みはこちら

 

 

 

パジェロの値引き交渉のノウハウはこちら

 

当サイトのパジェロ値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がパジェロを限界値引きで購入する事に成功しています。

 

今月のパジェロの値引き動向を随時掲載しています。ご参考ください。

 

>>パジェロ値引き交渉マニュアル

 

 

PAGE TOP

copyright©2008-2018 三菱 パジェロを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com